読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てんこ盛り 日曜日

日曜は〝さくらんぼ狩〟に行く予定でした。




が、朝一トーテンポールから電話




「休み?遊びに来ない?」




私「これからさくらんぼ狩に行こうと思ってた」




「お金払ってよそのさくらんぼ取るくらいなら、うちの畑のさくらんぼ取れ」と言われ、実家へ行くことに。




孫が来るのはやはり楽しみのようで庭先で待ち構えて居たトーテンポール




あのトーテンポールが昨日は白いポロシャツに紺のズボンとまともな格好をしていたので、お宅を間違えたかと心配になりましたが




車から降り近くで見ると



乳首突起



トーテンポールをスルーできる私も流石にシャラポアは無視できず




「乳首やベーよ」とブラだけはするように促しました。




「はいはい」と言いながら玄関へと振り返った母のポロシャツの背中には




アドバイザー 初めての方 不安な方




という、プリントが。




なんの????




むしろ、そのポロシャツ1枚が初めてで不安なんだけども




なんで、まともな服1枚ももってねーの・・・・?



もう、それ着るなら路上でティッシュ配りとかしてないと計算合わなくない?

 

 

 

それとも難民なの?寄付された服で生活してんの?

 

 

などなど色々思いましたが一言も触れず、そのアドバイザーと畑へ向かうご一行




畳み掛けるように事件発生



なんとさくらんぼが盗まれてる



野生の観葉植物と化しています。



アドバイザー曰く3日前に見に来た時は、白く赤づき間近な実が沢山あって「これは週末に孫たちを呼ぶのにちょうどいいわ♪」と思っていたんだとか。



さくらんぼは蔓から綺麗に採られていたので、野生の動物の仕業では無さそうです。




はしごを掛けて届く範囲はえげつなくいってます。




うちの実家は本当に田舎の、本当に小さな集落ですよ。




近隣に畑を持つ人かな?と疑えば、若干名の特定と名前も家も分かってしまうくらいの、軽い民族ライフです。




こういう信頼関係崩すようなこと辞めて欲しいわぁ~~~~




田舎の人間関係も変わったな・・・と悲しみに打ちひしがれながら、ハシゴと身長を駆使して私はさくらんぼを必死で収穫





息子とアドバイザーは苺を収穫していると、




今度は鹿と遭遇!!



ウサギ・たぬき・きつね・きじ・猿 は珍しくもなかったのですが、鹿は初めて!

 

f:id:Yuuuuuuu:20160621084955j:image

 


結構デカイ

 



興奮して「ほら!ほら!m、鹿だよ鹿!見てごらん!!」と息子を呼び、こっちは声も物音も出しまくりなのに鹿全然ビビッてない




後で検索して知りましたが「ニホンカモシカ」という天然記念物でした。




だいぶマイペースなニホンカモシカだったので、そのうち誰かに飼いならされてカモシカに跨って畑に出勤してくる もののけ姫みたいな農民が見れなくも無さそうなので目が離せません。





午前中はこうして自然を満喫し、午後からは文明の力を満喫しに。




アドバイザーは着替えて、一張羅のお出まし・・・トーテンポールになりました。




色んな遊具で遊びましたが、私が1番気に入ったのは、このメリーゴーランド




 f:id:Yuuuuuuu:20160621085010j:image



 
私が小さい頃は、メリーゴーランドなんて、跨って、スタッフさんが安全チェックして、操縦室から「いってらっしゃーい」と言われてスタッフさんのタイミングとさじ加減で回るものだったのに

 




それが今や100円入れて自分の息子たった一人のために2回でも3回でも回し放題の代物になってるんですよ?!




なんかもう遊園地貸し切ったセレブみたいな気持ちになってきましてね




親はヒルズ族ごっこが出来る。





野生の動物たちと共存し、発展途上民族のさくらんぼ盗難被害から、メリーゴーランド回転の権限が手中にある偉大な成功者まで

 

 

 

貧富というものを身をもって体感した、なかなかディープな1日でした。

 

 

 

今週末はリベンジでさくらんぼ狩りに行く予定です。