読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あぁのぉぉお・・・・・・お客様ぁ?

私、接客業というものをやったことが無いんですが

 

 

近頃のお客様って怖いんですね。

 

 

在庫が無いとか売切れてしまっているっていうどうしようも無いことにダラダラぐちぐち文句を撒き、何も買わないのになかなか退散しない。

 

 

「こないだも来たけど無かった」だの「わざわざ遠くから来たのに」だの

 

 

 

知らんわ

 

 

来る前に電話で有るか確認してから来ればいい

 

 

遠くから来るのが嫌ならテントでも張れ

 

 

それを

 

 

申し訳ありません、大変すみません、また宜しくお願いします。って送り出してる店員さんたちは

☆凄い◞⋆**

 

 

 

私なら「ここ工場や産地ではございませんので~商品に限りはございますねぇ~」とか「私も遠い所出勤している者です~」とかニコニコしながら悪態ついて追い出すかも。

 

 

あと

 

なぜか定休日にくる客ね。

 

あれは、本当にどうしたんですか。

 

昨日今日出来たお店の昨日今日出来た定休日じゃないんですよ

 

 

かれこれの定休日なんです。

 

 

ある日知人が「今日定休日で閉めてるから自由、お茶でも出すよ遊びに来て」と誘ってくれた時のこと

 

 

ドアには定休日と書いてあったしドアノブにも「close」のプレート

 

 

もう正真正銘の定休日なのに

 

 

2時間にも満たない時間の内、3組ほどのお客さんが来てた

 

 

ドアノブを回し、定休日の貼紙の隙間からめーっちゃ中見てる

 

 

ドアの向こう覗き込む時に「邪魔だな」って思ってるその紙の字ぃ読めよ。

 

 

こっちサイドから見る光景がサイコパスすぎる

 

 

私も知人もじっとしてると、そのうち去ってくんだけど

 

 

必ず一人は居るのが面の皮キャラ

 

 

ドンドンとドア叩きだす

 

 

いやいやいやいやいやいやいや

 

 

 

借金取りでも来ないわ、どんだけ質悪ぃんだよ

 

 

たのもーーーーーー!!じゃねんだよ

 

 

もうそういうのは、おっとつぁんの具合が急に悪くなった時にしか通用しないから

 

 

知人も「ぅわ…」と漏らしながら重い腰を上げてドア半開きにし

 

 

開口1番で「すみません、今日定休日なんです」と伝えても

 

 

勇ましい道場破りは「○○○○だけでも~」と私利私欲を丸出しで中に入ってこようとする

 

 

知人「あの、レジの鍵も金庫も持ってきてないので、お金のやり取りが出来ないんですよ、また後日お越しください」

 

 

と、言うと「あーそうなの?」と不満げな返答とムッとした表情を浮かべていたが

 

 

それ、こっちする顔ですから!!

 

 

しかも、なぜ彼女はいいの?と言わんばかりの顔で私を見てから立ち退いて行った

 

 

私「定休日に、こんな襲来あっていいの?」

 

 

知人「いつもだよ、とくにミドル世代の女って強いから」

 

と、諦めモード

 

 

大変だなぁ…と思い、自営・雇用関係なく接客業の知人、友人に話してみると、全然珍しくない現象だと共感者ほぼ100%



f:id:Yuuuuuuu:20170327105503j:plain



 
私調べだと、定休日にお店に出ているスタッフさんの多くは

 

 

普段の勤務時間内では出来ないインテリアやディスプレイの模様替え、そして掃除

 

大量発注の対処やラッピングなどしている

 

心が真面目な働き者さんです。

 

 

そんな働き者さんの大事な時間に割って入り「居るんだから対応しなさいよ!」と傲慢な態度をとる方

 

絶対にバチが当たりますよ。

 

定休日には出向かない

 

それは当然のこと

 

入店や売買を断られ腹をたてるのはお門違い

 

店員さんも人間です

 

ぜひ心からお休みさせてあげて下さい。